トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これから流行ると思う トレンド・流行・はやりの傾向

ブックマークに追加する   
 

これから流行ると思う トレンド・流行・はやりの傾向


楽器がまったく弾けなくても、音楽がなんとなく出来てしまうような気分になれる。
そんなデジタルなツールやソフト・玩具が売れている。


例えば、PCソフトの「初音ミク」
音階と歌詞を入力すれば、PC上で歌声が再現できるというソフト。であったり




他にも「コルグ KASSILATOR」「ヤマハ テノリ・オン」
タッチパッドをなぞるだけでプロ並みの演奏ができるというシンセライザー。




任天堂DSソフトでは
「AQ INTERCTIVE KORG DS-10」など、DS上でアナログシンセを実現している。

詳細サイトはこちら



他には「ヌマーク iDJ2」
1台のiPodから2曲を同時に再生して、ミックスやスクラッチができるというDJミキサー。
昨年末以来、6月末で予約分をやっと消化できる程度とかで、爆発的な人気みたいです。





玩具・おもちゃで言えば
「トゥロッシュ ケロミン」
パペットの口を開けば高い音が、閉じれば低い音が出るというカエル型の電子楽器。
生産が追いつかないくらい売れているとか。
日経トレンディネット引用


「∞プチプチ」なんていうのも、一種の音楽玩具だと思う。



この流行、トレンドの背景を見れば、
・今までやりたくてもうまく出来なかった。
・出来るようになるには、時間と労力が必要。

といった、背景があるように感じる。

そんな、今まで出来なかった層に対しては、
手軽に、出来なかったことが、なんとなく出来てしまうというデジタルツールは流行るのではないかと感じる。

かつ、
・出来たらかっこいい。
・出来るようになるには、かなりの努力と時間がかかる。
・センスが必要。


などの条件があればあるほど、それを可能に出来れば流行りやすいと感じる。

また、ツールを活用して出来るものの質は、そこまで必要ないのかもしれない。
なんとなく出来てしまう。
というのも、流行るポイントに感じる。
つまり、簡単に出来てしまう。
というのが重要。

上記条件を満たす、デジタルを活用したツールは、今後流行るような気はする。



ちょっと、今後のデジタルツールについて予想してみた。(あるかもしれないが。)
・アート関係のデジタルツール
  センスがいるアートも、デジタルツールでなんとなく出来てしまう。といったツール。

・外国語関係のデジタルツール
  話すのに努力が必要な外国語も、デジタルツールでなんとなく喋れてしまう。
  といった補助的なツール。
  (これは英語などは、ありますね。もっと身近に、かつ使いやすくなると良いのかも)

・運転、ドライブ関係のデジタルツール
 運転が出来ない、下手な人でも運転が出来てします。補助支援ツール。
 (これは、身近に導入できないかもしれないが・・・)

・カラオケ関係のデジタルツール
 音痴な人も、このマイクを使えば、ある程度うまく聞こえる。歌えてしますツール。



とま~、色々考えてみましたが、他にもあると思います。
ご参考までに


スポンサーサイト

企画立案者の向き・不向きチェック!

ブックマークに追加する   
 

企画マンの必要条件とは?


販促企画を担当する企画担当者は
「面白いアイデアを出す人材」 より
「アイデアをカタチにできる責任感の強い人材」
の方が必要とされる。といった話。

なぜか?

面白いアイデアを出す人材というのは世の中に多く存在しており、あいつは面白い企画やアイデアを出すと、上司や社長から一目置かれている人というのは、2,3人いるもの。

重要なのは、面白いアイデアを実行に移して、しかも売り上げに直結させれるかどうか。
アイデアを出すだけでなく、それを期限までに完成度の高いイベントにして、周りの協力を得て、売り上げを意識して企画を実行する。

といったことが企画立案者には求められる能力だということ


また、企画立案者は多少強引でワンマンな人材が向いている。しかしながら、その分、周辺の人たちに気が配れる人でなければ、周りが協力してくれないし、社内の能力を100%発揮できる販促企画を立案できない。

つまり、

アイデアを実行できる実行力
周りを動かす気配り・コミュニケーション能力
お客様の求めていることを瞬時に理解できる能力

というのが企画マンには求められている。


日経MJの「販促企画 成功の方程式」に企画マンの必要条件というコラム記事を参考(いろは代表 竹内謙礼氏)、販促企画の仕事をする企画マンとして、抑えておきたい事だと思うのでメモりました。ほんと、そのとおりだと思うコラムでした。


最後に
企画立案者の向き・不向きチェック!
企画マンチェック


7つのメガ盛り・メガシリーズをカロリー比較してみました。

ブックマークに追加する   
 

7つのメガ盛り・メガシリーズをカロリー比較


メタボリックだ、ダイエットだ、、など、中年男性にまでダイエットブームが到来している中、逆に「体に悪いものを食べたい」「ガッツリ食べたい」という心理的な欲求からか、メガ盛りメニューが増えていましたが・・・。

いったい、あのメガ盛りは、何キロカロリーだったのか、、、調べてみました。

1.マクドナルド
メガマック  :754キロカロリー/350円
メガてりやき:903キロカロリー/330円
メガたまご :846キロカロリー/360-390円
メガトマト  :771キロカロリー/360-390円


2.ウィンディーズ
メガウェンディーズ:970キロカロリー/500円
(通常の重さで4倍弱、カロリーで2倍強)

3.ファミリーマート
メガチキンカツ弁当:1211キロカロリー/590円
メガハンバーグ弁当:1184キロカロリー/540円
メガまん:464キロカロリー/350円
メガペペロンチーノ:1137キロカロリー/555円

(通常の1.9倍の量)

4.すき家
メガ牛丼  :1286キロカロリー/680円
(並盛3杯分)

5.グリコ
Happy プッチンプリン 約568キロカロリー/368円
(通常の3.6倍)

6.セブンイレブン
がっつりプリン&チョコパフェ:779キロカロリー/490円

7.ケンタッキー
フライドチキン レッドホットキング:556キロカロリー/430円
(鶏肉の腰と脚の部位をまるごと)

メガマックメガウェンディーズメガ牛丼
メガハンバーグ弁当メガチキン弁当Happy プッチンプリン
がっつりプリン&チョコパフェ


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。