トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


独自Androidマーケット、BIGLOBEの展開気になる。

ブックマークに追加する   
 
BIGLOBEがAndroid端末販売へ、独自マーケットプレイスも開設
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091217_336520.html

"独自"マーケット「andronavi」
http://andronavi.com/


結構、力いれた展開だと思いますね。
Android、iPhoneなどの動向を見つつ良いところは取り入れていると思いますね。
以前、NECがAndroid部隊をつくったのは、この展開のためなのかもしれないです。


■独自マーケットの主な特徴
1.アプリの紹介レビューに力をいれたマーケット
2.海外アプリも分かりやすく翻訳して紹介。
3.アプリだけでなく、コミックも配信。
4.継続課金や時間単位課金などの機能も検討中。
5.展開的には段階的に展開
  ・2010年1月7日に情報サイトとしてオープン
  ・1月下旬から無料アプリDL開始
  ・3月末から有料アプリのDL開始
   →上記をBIGLOBE会員からモニターをつのり試験提供


■Android端末について

タブレット型のAndroid端末は、結構、大きいです。
コミックサイズという点を魅力に見出しているところをみるとKindleあたりを意識してのことだと思いますが、、、
ちょっと大きいな~と感じはしますが、、w


■狙いとして
MVNOとして提供している3G回線などとのセット売り。定額制の公衆無線LANサービスと組み合わせての販売も考えている模様。

機器の売り上げ、andronaviの販売手数料、MVNO通信料から、、、
2012年度に年間100億円の売り上げを目指すとのことです。


■今後、気になること
今後、Andoridの特徴として、どこでもアプリをDLできるというiPhoneとは違う特徴があるので、こういう、独自マーケット展開というのは増えるんだろうと感じます。
今後も他プレイヤーによる独自マーケット展開もウオッチですね。

あとは、Google Checkout に代わる決済システムを用意していく流れはあると思うので、このあたりがどうなるのか?が注目です。



スポンサーサイト

JILの動きはやはり要チェックだなーーと思う。

ブックマークに追加する   
 
以下記事を見て、JILの動きはやはり要チェックだなーーとやっぱり思いますね。

2010年はAndroidケータイがブレークする?
ドコモ、ソフトバンクモバイルが投入を表明!
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20091127/1030420/


この記事の3ページ目ソフトバンクについて、JILの事がふれられています。これが気になりますね。


色々勉強する中で、開発者視点に立ったときに、JILウィジェットはメリットが結構ある模様みたいです。

Androidにしろ、iPhoneにしろ、アプリ開発って市場が活気付いてきているだけに、差別化するために結構開発工数もかかって来ています。
なので、正直儲からない市場になってきています。

で、これがJILウィジェットなら、ウィジェットなんで開発がアプリよりは簡単にできるというメリットがいきて来る模様です。

OPhoneは、このあたりをうまくMixしています。見た感じ
ユーザー的に、パッとみ、AndroidアプリかJILウィジェットか?
分からないようになっていたりして端末的にも良くできていました。



プラス、記事にも書かれていますが、、、
―――――――――――――――――――――――
2010年からサムスン電子、シャープ、LGエレクトロニクス、
RIM(Research In Motion)の端末において順次対応していくと発表
―――――――――――――――――――――――
のとおり、使い回しもウィジェットなら容易にできる模様なので、
色々なマーケット、プラットフォームに配信・提供できる=儲けられる機会が、今後ますます増えるのかな、、、
って感じます。



で、ここからは、あくまで個人的な意見なのですが、リリースでも少し触れていますが、

OPhoneみたいに、Android用に、ソフトバンクオリジナルマーケットを、作る可能性もあるんだろうなって思います。
SBM Android Market みたないなものです。

で、Androidアプリだけでなく、OPhone同様に、JILウェジェットを提供できるマーケットにしていく。。
ユーザー的には、アプリかウィジェットかどちらをDLしているか使用しているか?も分からない。
そんなマーケット・端末になるのではないかな、、って思います。

日本においてAndroidを展開しても、規模は小さいだろうから、JILウィジェットを絡めるのは、してくるだろうと思います。


で、JILって、ご存知のとおり
ソフトバンク、チャイナモバイル・リミテッド、ボーダフォングループの合弁会社なので、ボーダフォンの動きも見てみましたら、、、
Vodafone 360サービスという、JILウィジェットを活気付かせようという動きをしているんですね。


つまり、
JILウィジェットを開発すれば
・ボーダフォンの端末にも配信できる。
・OPhoneにも配信できる。
・ソフトバンクの一般端末(LiMo)上にも、ウィジェットが現在でもあると思いますが、こちらにも配信できる。
・ソフトバンクの新たなAndroid端末にも配信できる。。
 =他キャリアのAndroid端末の差別化にもなる。。
・さらにさらに、今後配信できる端末が増えて配信先も増える、、、

といった流れにもなりえるよね。
と個人的には思いました。。

引き続きJIL関連の動きはウオッチですなーー。
来年面白くなるな。




Googleネタ5 日本語入力ツールを無料でグーグルが配布

ブックマークに追加する   
 
Googleネタ5 日本語入力ツールを無料でグーグルが配布


日本語入力ツールを無料でグーグルが配布
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/07/023/index.html

先週ぐらいからリリースがでていたので目にした方も多いとは思いますが、

私も見てなんのことだ?と思っていましたがIMEを取り替えてやろうという話なんですね。


今のIMEより、より便利になるよ。
無料で提供するよ。ということです。


具体的には、
・関連する言葉も変換の選択肢にでてくる
・ウェブ上の情報をもとに、新しい言葉もキチンと変換できるように、、
・ユーザーの過去の入力文字から変換候補をより便利に表示

という便利さがある模様です。(記事に写真あり)


で気になるところは、セキュリティの部分です。
以下の内容が記事にもあるのですが、
―――――――――――――――――――――――
ユーザーが許可しない限り、入力した単語や文章が
グーグル側に送信されることはない・・・
ユーザーの過去の入力文字から変換候補を表示する
機能については、「シークレットモード」にすること
でオフにできる。
―――――――――――――――――――――――

許可したら取得できる準備はしているんだね。。。
という情報はありますね。

ローカルPCの情報も得ようという動向は相変わらずある模様です。




Googleネタ4 音声検索「Google Mobile App」

ブックマークに追加する   
 
<Googleネタ4 音声検索「Google Mobile App」>

さらに、こんなサービスも展開してきています。

『Google 音声検索』提供開始
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0912/07/news089.html
イッパイあるんですが、この記事が一番わかりやすいです。


名前のとおりですが、音声で検索ができるアプリをiPhone、Androidアプリで両方今度はしてきています。
しかも無料です。
アプリ名「Google Mobile App」です。


気になるところは、「高い認識精度」と言っているところです。
背景には、音声で老若男女の区別、年齢の区別、方言の区別を行っている模様です。しかも学習機能もある模様で、

この音声DBと、検索DBを連動させると、女性の20代はどんなことを検索している?というのがわかっちゃたりするのかな、、って感じました。

といいつつ、実際に使ってみたところ、音声の認識制度は個人的には、そこまで良くなかったです。
ただ、音声で検索するというニーズは、現在のスマートフォンのタッチパネルのキーボードは打ちにくいので、個人的にはニーズは高いと思います。
その視点からも、ローカル検索との親和性も高いように感じます。




Googleネタ3 さらに画像検索サービス

ブックマークに追加する   
 
<Googleネタ3 さらに画像検索サービス>

先ほどのQRコードキャンペーンともつながる部分ですが
http://taketaku.blog85.fc2.com/blog-entry-285.html
http://taketaku.blog85.fc2.com/blog-entry-286.html


新たなサービスとして「Google Goggles」という、画像認識・検索アプリサービスもリリースしています。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0912/08/news027.html


■使用方法
Android携帯のカメラで撮影すると、Googleが関連すると判断した検索結果が表示される。という内容です。

■使用イメージは
・有名な建築物などのランドマークの写真をとるとその情報がでてきたりする。
 これは、QRキャンペーンとの連動も考えているのかなって思います。
 ローカル検索のARもどきを活気付かせるネタにもなりえそうです。

・ワインのラベルをとると、そのワインの長所が分かったりするとか
余談:検索結果に表示された「アンズとハイビスカスの花が少量」という情報は、まるで知らない知識だった。
とコメント
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20404940,00.htm


■アプリ提供方法
・Android端末で、無料でDLできます。

※今度は、iPhoneアプリの提供すらしていないんですね。
 このあたり、なんか気になりますね。。。



Google提供QRコードリーダーについて

ブックマークに追加する   
 
<Googleネタ2 Google提供QRコードリーダーについて>

前ブログのQRコードのキャンペーンネタの続きです。
http://taketaku.blog85.fc2.com/blog-entry-285.html


大規模なQRコードキャンペーンをしています。
では、その読み取りするリーダーはどうするか?

そこで同時展開しているのが、
Quickmark QR Code Reader というリーダーの新たな展開になります。

このアプリ
・Android携帯用に無料で提供
・iPhoneでは、4万DLまで無料で提供

という展開をしています。


あえて?iPhoneは限定的に無料にしているあたり、このあたりが少し気になるところですが、

スマートフォンの展開に注力したい。
特にAndroid普及させたい。。という思いが伝わってくる展開だと思います。



Google QRコードを活用したローカル検索キャンペーン

ブックマークに追加する   
 
<Googleネタ1 QRコードを活用したローカル検索キャンペーン>

Google年末最後の追い込みでしょうか。。
色々なサービスや、リリース。。展開をしまくっています。

これが、20%が自由な時間があるという文化なんでしょう。


で第一弾です。

目の前にある店の評判をQRコードで検索して
見れる新サービスを米国で大規模に展開しています


Google、全米10万の人気小売店にQRコード付きステッカーを配布
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/08/news025.html

ショーウィンドウに見慣れぬ2Dコードが―Google、QRコード普及に本腰
http://jp.techcrunch.com/archives/20091206google-local-maps-qr-code/


・QRコード付きステッカーを事前に10万店舗に送付している。
 ⇒この10万店は、Local Business Centerという
  GoogleMapsに連動させてローカル情報リスティング広告
  に掲載していて、上位の店が該当する模様。

・その店の詳細情報や利用客の評判・レビューを参照できるほか、
 店舗のクーポンが入手できる場合もある。
 レビューも書き込める。

・店側もこの大規模な展開に参加したければ、
 Local Business Center(Google Local)に登録しなさい。
 という話です。


クリスマスだ、新年だ、という、シーズンモチベーションが高まるこの時期を狙っての展開だと思いますが、

狙いは、よりローカルな情報をユーザーにもレビューを登録させつつ、店側もLocal Business Center(Google Local)に登録を促せつつ、広告費用をより稼ごうという狙いだと思います。

結構アナログ的なんですが、Googleだからできる、かなり、大規模な、一種のARもどきを実現・体験させようという展開です。


QRコードのリーダーはどうするの?とかの話は
長くなったので、次の記事で、、


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。