トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出張旅行に潜む、旅行ビジネスの潜在市場の魅力とは?

ブックマークに追加する   
 

旅行ビジネスの潜在市場、出張旅行市場の魅力とは?


「新たな旅行市場」として急速に「ビジネス出張」の分野が伸びているらしい。
その背景が、なかなか面白いのでメモってみた。

一般的に、景気が悪くなると、経費削減のため出張を控え、テレビ会議を頻繁に行うため、テレビ会議関連の市場が伸びる。
その逆に、景気が良くなると、出張関連の市場が伸びると言われているみたいですが。

実際は、バブル崩壊後、経費節減のために企業の出張が控えられ、テレビ会議などの利用が増えるとの予測されたのだが、むしろ出張は増える傾向にあるみたいです。
その背景には、経費削減がまず地方の支社や営業所の廃止という方向に向かったからであり、営業所がなくなった分、客先対応として本社からの出張が増えているという背景があるみたいです。

しかも、出張旅行は旅行市場の中でも伸びており、けん引役となっていることが(財)日本交通公社の最近のレポートでも分かっています。
2006 年10~12月間の国内旅行宿泊者数は延べで 5,859万人で、そのうち出張旅行者が1,503万人と3割近くを占めている(個人観光旅行者は2,827万人)。

つまり、観光客向けの旅行代理店を経営したところで利益率は雀の涙ほどだが、出張旅行を専門とした旅行サービスなら、もっと利益率の高いビジネスが展開できる余地が十分に残っているということ。

しかも、日本ではまだ「出張専門の旅行サービス」が業界として確立していない。
潜在市場として、魅力がある市場になりえるとのことです。

JNEWS.com 引用 http://www.jnews.com/business/digest/2007/056.html


<今後ありえる出張旅行ビジネス>
 ●出張手続きを専門にした旅行予約サービス
 ●出張経費の精算方法からみた旅行予約市場の捉え方
 ●出張専門予約代行サービスの仕組み
 ●旅行代理店とは異なる出張専門旅行会社のビジネスモデル
 ●ビジネストラベルに特化した旅行代理店ビジネス
 ●出張管理会社のビジネスモデルと収益構造
 ●出張で貯まるマイレージ資産は誰のものか?を巡る裏事情
 ●マイレージポイントによる出張族の獲得競争
 ●個人の出張者を囲い込みたい旅行業者の動き
 ●社員へバックマージンとして流れる出張経費のカラクリ
 ●オンライン旅行予約サイトに変わる新たな旅行ビジネスの台頭
 ●忙しい現代人が追求する"時間の経済性"で高まる予約権の価値

など

確かに、出張旅行ビジネスの潜在市場は今後伸びるように感じます。
テクノラティも参照↓
過去180日間に書かれた、出張を含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「出張」に関するグラフ
このグラフをブログに貼ろう!

トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/113-b1b43e1a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。