トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新規公開株の申込み方法と注意点

ブックマークに追加する   
 
新規公開株の情報を集めるのに便利なサイト
■NIKKEI NETの「マネー&マーケット」や「新規上場」コーナー
■Yaoo!ファイナンスの「株・投資」コーナー
■東京IPO
特に、東京IPOについては、事業内容や業績、株主構成などの情報もよくわかる。


新規公開株の申込み方法手順
1.価格など仮条件の発表
2.投資家の購入希望価格と株数の指定
  →これをブックビルディングに参加すると言う
3.公募・売り出し価格の決定
4.購入申込み
5.抽選(または抽選・申込み)
というのが一般的な流れ。


■注意点
・人気銘柄では抽選の倍率が高くなる。
・そのため当選確率を高める為に複数の証券会社で申し込む人も多い。なので、取り扱い証券の把握は重要!
・購入代金の入金のタイミングや、他社との掛け持ちが認められるかどうか、当選しても辞退できるかどうかも知っておく。
・抽選前に入金が必要となると、複数の証券会社で申し込む際に一時金とはいえ購入代金の数倍の資金が必要になる。
→ネット専業証券大手5社の場合、ブックビルディングの段階で買い付けに必要な資金残高を口座に用意しておく必要がある。
SBI・イートレード証券と松井証券は価格決定後でよい。
・抽選については、SBI・イートレード証券とマネックス証券が当選後の辞退を認めている。
しかし、マネックスは抽選申込みの掛け持ちは認めていない。
・証券会社によっては、当選確率が上がる制度を設けているところもある。

トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/133-6947f6e2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。