トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サッカーチームのオーナーに7000円/年でなれる!?

ブックマークに追加する   
 

サッカーチームのオーナーに7000円/年でなれる!?



7000円の年会費で、サッカーチームのオーナーになれる!という、ユニークなニュースがあったのでついつい読んでしまった。

内容としては、イギリス発のオンライン・コミュニティ「MyFootballClub」(マイ・フットボール・クラブ)にて、登録した会員たちがプロサッカーチームの買収を目指すという集まりらしい。

なかなか面白い発想だと思うのでメモってみた。

何が注目する企てポイントか?

1.付加価値による、有料化コミュニティの参考例
SNSがここぞとばかりに出来ているが、一方で手間がかかる割りに利益が出にくい。などの理由で閉鎖するサイトも多い。そんな中、このコミュニティサイトへ参加する価値は大きい。

なぜなら、一般的にサッカーチームのオーナーになるというのは、お金持ちでもない限りできないこと。
それが、年7000円の会費でなれるというのだから、サッカーファンは飛びつくだろう。
コミュニティサイトの有料化。という発想で、一般人が出来ないようなことを、参考することが出来るというのは面白い。

2.会員の参加意識を駆り立てる仕掛けがうまい。
もうひとつ、このコミュニティで面白いのは投票という仕組みをうまく活用しているところだと思う。
コミュニティ会員の投票による結果、買収するチームを決める。
・採用する選手の選択・移籍を投票で決める。
・控室の内装までも投票で決める。
など、会員が投票した結果、チームの色・強さが決まるというわけ。
会員にとっては、自分達が参加している意識もあり面白いと思う。

3.会員がそのままファンになる。
会員数が、現在2万8300人(2008年2月時点)とのことだが、すべての人がファンにというわけではないだろうが、多くの人が自分のチームでもありファンになる可能性が高いと思う。
また、プレーする選手も、ファンからの評価も気にするだろうし、ファンも自分達が選んだ選手には注目するだろう。お互いがコミュニティを通じて、チームの活性にもなり、それに関わる経済効果も生まれるのではないかと思う。
その効果は、大きい。


以上の3つが企てポイントとして面白いと思ったところだが、それ以外にも何か、効果はありそうです。


また、同種のオンライン・コミュニティとして、ヨーロッパやアメリカのスポーツ界で広まり始めている模様。
最近は、ブルガリアのプロバスケットボールチームのStart(スタート)が、一般の人たちから資金を募っているとか・・・、興味ある方は参加してみては??


出展:日経BPNet

トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/165-8e3515af

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。