トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


動画サイト訪問者の属性。男性・女性比率

ブックマークに追加する   
 

動画共有サイト訪問者の属性。男性・女性比率


人気が急上昇しているYoutube・ニコニコ動画などの動画共有サイト。
ビデオリサーチインタラクティブの推計では 
2007年に主要28サイトの訪問者が2431万人と、前年の2.2倍になった。

この動画共有サイトへの訪問者の男女比をみると、面白い結果がでている。
男性が女性を1割以上、上回っている。
ただ、これを「閲覧+投稿」という点で見ると、女性が逆転する。
さらに、口頭で伝えた。友人・知人にメールで伝えた。という項目でも女性の方が多い。

■動画共有サイト訪問者の構成
動画共有サイト訪問者の構成


■利用経験と「共有」方法について
利用経験と「共有」方法について
A,A'=閲覧のみ
B,B'=閲覧と投稿
C,C'=友人・知人に口頭で伝えた
D,D'=友人・知人にメールで伝えた
E,E'=SNSの日記で紹介
○が男性、○'が女性


つまり、動画サイトを流行らせるには、男性が訪問者で多いが、女性をうまく取り込み、クチコミで広げてもらうなどの仕掛けを行わないと、動画共有サイトは成功しにくいのではないかと思う。

やはりクチコミ=女性の力が大きいのだと思うネタです。

男性はめんどくさがりが多いのだと思います。

<動画共有サイト集計対象28サービス>
Ameba Vision, Askビデオ, ClipCast, ClipLife, Dailymotion, DivX Stage6, EbiTV!, FlipClip, FLUX, Google Video, GUBA, LiveVideo, MetaCafe, mixi動画, mooom, MOVIE CASTER, Pandora.TV, PeeVee.TV, Veoh Video Network, VIDEO CHOP!, Yahoo! Video, Yahoo!ビデオキャスト, YouTube, ドガログ, ニコニコ動画(RC2), フォト蔵, みなくるビデオ, ワッチミー!TV

出展:ビデオリサーチインタラクティブ

トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/172-c1f7dc23

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。