トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


有害サイトは防ぎきれないのでは?小学生77%がパソコン使用!

ブックマークに追加する   
 

小学生77%がパソコン使用・保護者は有害サイトを懸念



七夕にこんなニュースがありました。

--引用(NIKKEI.NET)------------------------------------------------------------
内閣府は7日付で「情報化社会と青少年に関する意識調査」の結果を発表した。小学生の携帯電話の使用率は31・3%、パソコン使用率は77・4%に上り、保護者が暴力やわいせつ画像などを扱う有害サイトの閲覧を心配している現状が浮き彫りになった。

 政府は「有害情報から子どもを守るための検討会」の初会合を10日に開催。警察庁、法務省など関係省庁の課長級で有害サイトの規制強化などを検討し、年末までに中間報告をまとめる。

 携帯電話やPHSの使用率は中学生で57・6%と半数を超え、高校生では96%とほぼ全員に普及。パソコン使用率は、中学生が81・2%、高校生が88・6%だった。

 子どものネット利用に関して保護者が心配しているのは「暴力的、性的、反社会的な内容を含むサイトにアクセスすること」が母親で40・9%、父親で37・7%に上り、いずれもトップ。
--------------------------------------------------------------------------------

小学生の7割がパソコンを使用しているということで、
有害サイトへの閲覧などで心配している親も多いみたいですが


企画人としては

・フィルタリングサービスの存在を知らない親が、父親:43.6% 母親:64.7%と約半数!結構多い!
 フィルタリングサービスの可能性は、まだまだ大きい。と感じますね。

・小学生向けのWebコンテンツという部分でも、かなり可能性を改めて感じましたね。
 どのくらいの小学生がネットを使用しているかは分からないですが、小学生をターゲットにした
 サイトは今後発展するかもしれないですね。


  ⇒参考記事

トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/20-f2166adb

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。