トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


売れる本の条件・ヒットの条件とは?

ブックマークに追加する   
 

売れる本の条件・ヒットの条件とは?


売れる本の条件とは何なのか、メモってみた。

1.身近
登場人物や著者が読み手にとって身近なこと。
同世代が主人公の小説や、好きなタレントが書いた本など。
文章が分かりやすいというのもポイント。
例:ハリー・ポッター:世界中の小学生の間でブレイク、日本でも同世代の子供たちに大反響した。

2.ユニーク・初めて
「下流社会」のようにタイトルが流行語になるほどユニークだと売れる。
有名人が初めて書いた本なども売れる。
例:さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
ユニークなタイトルでミリオンセラーに・・・

3.明るい
タイトルや装丁、内容のイメージが明るくさわやかさを感じるもの。
一般的には暖色系の装丁が手堅い。ただし、売場の他の本との兼ね合いを考えて
目立つような装丁にすべきでもある・・・。
例:葉っぱのフレディ
装丁や帯が明るいだけでなく。イラストや写真をふんだんに使い癒しを意識した作りになっている。

4.短い
「バカの壁」「電車男」など、タイトルが短かったり、内容がコンパクトな方がいい。
特に目次が細分化され、具体的で分かりやすい見出しがついていると印象が強くなる。
例:生協の白石さん
学生が提出した質問カードに生協の職員が答える、丁寧で見事な回答を紹介。
1つの章が短く、文章でも分かりやすいので、さらっと短時間で読める。




日経ビジネスのAsscieの特集の記事をメモしました。
将来役立てば・・・と思います。

トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/236-24ef3b05

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。