トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iPhone、スマートフォンでのWeb閲覧シェアで1位に

ブックマークに追加する   
 

販売台数では4位でも:
iPhone、スマートフォンでのWeb閲覧シェアで1位に――AdMob調査
スマートフォンからのWeb閲覧を最も活用しているのはiPhoneユーザーで、販売台数シェア1位のSymbian OS携帯ユーザーではないようだ。
2009年05月28日 09時56分 更新

 スマートフォンの販売台数とWeb閲覧シェアは一致せず、販売台数では4位のiPhone OSがWeb閲覧シェアでは43%を占めて1位だった――。携帯向け広告企業の米AdMobが5月27日、こんな調査結果を発表した。

 AdMobは7000以上の携帯向けWebサイト、1600以上のアプリケーションに広告を配信している。同社は毎月、この広告ネットワークのデータに基づいた調査結果を発表している。

 2009年4月のAdMobネットワーク上のWebサイトおよびアプリケーション利用状況を米調査会社Gartnerが発表した2008年のOS 別スマートフォン販売台数と比較したところ、Symbian OS搭載スマートフォンは販売台数ではシェア52%と圧倒的な1位だが、Web閲覧では36%でiPhoneに1位を譲った。一方Web閲覧では43%のシェアを占めて1位のiPhone OSは、販売台数ではシェア8%で4位だった。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/28/news026.html


圧倒的にWeb閲覧をされているiPhone

成功の要因は、やはり、アプリケーションの配布を最初から考えたデバイスの構築にはじまり、AppStoreにおける課金の仕組みなど、一通りの流れを、統一感ある形で実現したAppleのビジネスモデルにあると思う。

ただ、Androidの存在も今後面白くなると思うが、まだまだ、iPhoneブームは続くと感じる。


トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/262-589aeb58

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。