トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iPhoneゲームアプリはやはり儲からないのか?

ブックマークに追加する   
 
PSPに迫る勢い iPhoneが変えるゲーム市場のルール
http://it.nikkei.co.jp/digital/column/gamescramble.aspx?n=MMITew000026062009

記事の内容から、iPhoneのゲームに関する興味深いことがわかったのでピックアップ

・iPhoneとiPod Touchのユーザーは年齢構成が相当違う。
 iPhoneの24歳以下のユーザーは26%だが、iPod Touchでは69%
 であり、iPod Touchメインユーザーは10代の若者。

・ゲームアプリは平均1.39ドルで販売されている。

・App Storeのゲームは無料が27.27%

・10万本売れるアプリは上位5%
 全体の54%は1000ユーザーにも満たない。

だそうです。

つまり、仮に115円のタイトルが10万本売れたとしても1150万円。
アップルへの手数料30%を差し引いた805万円。
利益を上げにくい市場になっているという状況です。


個人でも、App Storeアプリについてはウォッチしていますが
正直、ゲームネタは出つくした感があり、競合も多く、確かに、どんどん埋もれているのだろうと思います。


今までの、売り切りモデルに限界が来ているので「iPhone OS 3.0」で可能になるアプリ内課金を活用したアプリについて、参加IPはかなり考えているんでしょうね。


トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/266-a8c6505d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。