トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


優秀な人材の確保につながる、新たな制度かも?

ブックマークに追加する   
 

6人に1人が副業を経験しているらしい。


こんな記事があった。


会社員の6人に1人が社会人になってから副業を経験していることが、人材紹介大手インテリジェンスの調査でわかった。職種はイベントの手伝いなど1日限りの業務が多く、ホームページ作成や音楽活動といった趣味を副収入につなげている人も目立った。

 一般企業の多くは副業を禁止しているが、社会人になってから副業・アルバイトを経験した人は全体の17.1%にのぼる。現在の年収に満足している人の12.6%、逆に満足していないとする人の20.8%が副業経験ありと答えた。

NIKKEI NET 引用
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070826AT1D2500B25082007.html


との記事があった。


今後税金も増え、賃金への不満も増えると思うし、
ネットを活用した簡単な副業も増えており、副業を始める
社会人は、今後もより増えると思う。

そんな時代の流れで、企業がどう対応していくか?というのは
人材確保においても重要な選定要素になるのかもしれない。


特に、IT、ネット関係の企業においては、副業してもOKという
制度がある会社で働きたいという、優秀な人材も増えるのではないかと思う。

これから優秀な人材を確保する、新たな制度として
「副業OK」という制度を導入しても面白いのではないか?と思う。



個人的には、副業であっても、自分の力で稼ぐという意識を、
持っている人材は、今後必要とされる人材になるのではないかとも思う。



トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/64-acf6cede

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。