トレンドイズム

最近関わったIT・Webツール,サービスについて独自の視点で語る『トレンドコラム』/ビジネス・プライベートで、日々感じたことをつづる『イズムブログ』/アナログ情報を整理する『スクラップブログ』

logs

スポンサーサイト

ブックマークに追加する   
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新食感の醤油「ソイソルト」って知っていますか?

ブックマークに追加する   
 

発想の転換が参考になる事例?


ソイソルトという醤油をご存知でしょうか?
ふりかけ風の粉末醤油という、新しい食感を実現した醤油なのですが、日本の味ともいえる醤油の価値を、現代ニーズをとらえて価値を変化させて事例だと思ったので、書いてみました。

l.jpg 02.jpg
日本料理に欠かせない調味料、砂糖、塩、酢、醤油、味噌。いわゆる「さしすせそ」ですが、総務省が発表している「家計調査」などのデータを見ると、ここ数年は消費量の低迷が顕著。特に醤油は、30年前と比較する35~40%もダウンしているとか、、、

理由は、
・健康志向の高まりで、糖分や塩分の摂取を控える人が増えていること。
・テイクアウトの惣菜などを利用する人も多く、家庭で調理をする機会が減っていることも影響しているから。


しょうゆメーカーは全国で1,500社近くあるのだが、どのメーカーも独自性を持つことにより生き残っているというのが一般的な中小・中堅企業の戦略。
一方で大手のしょうゆメーカーのキッコーマンでは、海外戦略、商品の多角化を含めてシェアを拡大しているという戦略だ。

そんな中、他社とは違う発想で注目をあびている?のが、ソイソルトを製造する株式会社かめびしという醤油メーカー。

最近、卵かけご飯用しょうゆなど、こだわりしょうゆが増えていると思うが、味という面だけでなく、液体から粉末という発想を転換させたところが、ここの成功のポイント。

背景には、しょうゆというのは日本食にはなくてはならないものだが、日本食意外では、ベタッとしていて使いにくい(フレンチ食)など。使いにくいという背景があったらしい。
そんな背景もあって開発されたらしいが、健康が気になる人も増える中で、液体以上に塩分は控えれると思うし(冷やっこにかける醤油の量など)、様々に料理の幅(サラダ・カルパッチョなどに使用)も確実に広がっていると思う。

お客のニーズが何かというのを見極めたことと、味という視点だけでなく、食感という視点も見極めて展開できたことで、新たな価値を生み出せた事例だと思う。


>>株式会社かめびしのソイソルトの販売サイトはこちら

PS:こんなソイソルトもあるらしいです。
・バルサミコソイソルト
・青唐辛子&ニンニクソイソルト
・オニオン&ニンニクソイソルト




トラックバックURL

http://taketaku.blog85.fc2.com/tb.php/88-74aa477a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。